About   News   Select   Shop   How to Order   Contact

解決


今年の元日に、それは起こりました。
主人は朝から母校の応援へ出掛けて行き
1人で「ゆっくりキッチンのお掃除でも
しよーう」と、せっせとステンレスを
みがいていると、油の飛び散りが硬く
なっていて、メラニンスポンジでこすり
ようやく綺麗になり、乾くのを待って
終了と思ったら、ん?んん?何か跡が
残っているのです。






それが、上の写真です。
調べた所、ステンレスにメラニンスポ
ンジを使うと、傷が残ってしまうとの事。
どうしたら直るのかな?調べましたが
素人では絶対に無理で、専門の業者さん
にお願いする以外方法が無い事が分か
りました。
お正月早々、やってしまったー??と自分が
情けないやらで、もの凄く落ち込みま
した。
その後の換気扇を掃除する気力は完全に
失われ、放心状態です(笑)

キッチンは毎日使う場所ですし、嫌でも
傷が目に入るので、この3ヶ月見る度に
気分が滅入って来ていました。

何とかしなければ…ご近所の工務店さん
に相談し、リペア屋さんと見に来て頂き
「直せるかどうかな?」とおっしゃって
いましたが作業をして頂くと、下記の
ように全く綺麗に直して下さいました。







この憂鬱な3ヶ月を思うと、小躍りする
程嬉しかったです(笑)
さすがプロの技です。専門の機械を使用
していて、とても素人には出来ないと
思いましたし、入居当時のピカピカキッ
チンに感激です。

ステンレスには向きがあって、その向き
に沿って、クロスを動かす事や、素材
の違いの事、お手入れ方法や、お勧め
の洗剤等教えて頂き、勉強になりました。


ステンレスには、メラニンスポンジ
(げき落ち君)は絶対禁止!!


どうか頭の隅に覚えておいて下さい。
最近の自分の記憶力に自信の無い私も又
やりそうで怖いですが…修理に数万円、
もう二度とやりたくありません(汗)







calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile