About   News   Select   Shop   How to Order   Contact

ご報告





なかなか気持ちの整理がつかず、ご報告が
大変遅くなってしまいましたが、去る
1/18 午後 我家のチビ姉さんが天国へ旅立
ちました。
前日まで元気に過ごしており、夜も一
緒に寝ていたのに、早朝トイレに行っ
てベットに戻って来ないので、起きて
みると容態が急変してグッタリしており
突然の事で、もの凄く動揺しましたが
もうあまり時間が残って居ない事を感
じました。
病院の先生に症状などをお伝えした所、
病院で出来る事は、点滴位なので、寒い
中、連れて来るのは可哀想なので、お
家で暖かくしてあげて下さいと言われ
ずっと膝の上で見守り、名前を呼ぶと、
尻尾でお返事して、時々意識が戻り顔
を見てくれたので、「ありがとう」と
何度も伝え、最後まで看取る事が出来
ました。
チビさんは、女の子らしくお花が大好
きでしたのでお花に囲まれて、見送り
ました。

写真を見ると涙が止まらず、彼女が居ない
事がずっと辛く悲しくて、呼吸も苦しい
何も考えられない日々が続いていまし
たが、10日が過ぎて、彼女が心配して
天国に行けなくなると行けないので、
泣くのはおしまいにしようと心に決め
ました。
(まだ全然ダメですが…)

チビさんは先代の猫が亡くなり、泣い
てばかりの時に我家に来てくれました。
まだ小さかった彼女のお陰で、悲しみ
も癒されて行きました。
そして17年間、いつもずっと一緒に居て
くれました。

2年間も闘病を続け、頑張ってくれましたし
今年の年明けにはこのまま治るのでは?
と思う程に元気な姿も見せてくれて、
穏やかな時間を過ごせました。
一緒に過ごした時間は本当に幸せでした。
まだ、彼女が居ない生活に慣れませんが
残された、チビの事が大好きだったモモ
も、ずっと様子が変でしたが、少しづつ
普段の生活に戻りつつあります。






こちらで、ご報告する事が遅くなった
理由の一つに、同い年で同じ病気で闘病
していたTちゃんに悲しい想いをさせたく
無かった事もありました。
お伝え出来て居なかった時に、Tちゃんの
飼主様から、Tちゃんも天国に旅立った
事をお聞きしました。チビの5日後だった
そうで、不思議なご縁を感じました。

(写真の木製ニャンコはTちゃんの両親が
チビの為に買って来て下さいました)


ペットとのお別れは、本当に辛く悲しい
です。人間よりも寿命が短いので必ず、
お別れの時が来てしまいます。
一緒に居られる時間は短いですが本当に
かけがえのない幸せな時間です。
どうか最後まで、大切に大切にお過ご
し下さい。

そして、いつもチビの事を、ご心配下
さっていた皆様には、この場を借りて
心よりお礼を申し上げます。
ありがとうございました。
闘病中もたくさん、励まされました。
悲しいお知らせで、申し訳ありません。
本当にありがとうございました。








calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile